アーカイブ ‘ 2013年 5月

人の温かさ

今日、とある二車線の道路を、バイクで走っていて
一番前で、信号待ちをしていた時のことです。

目の前の7mぐらいの横断歩道を、僕のすぐ前を横切り
反対車線の方側に、高齢の女性が車イスに乗った男性を押して
渡っていました。

信号待ちの間、何となくぼーっとその光景を眺めていると
横断歩道を渡り切る手前で、歩道に上がる3cmぐらいの段差を
乗り越えることが出来ずに、焦っておられました。

引っ掛かっているのが、前輪なので、まだ車イスと押している女性一人分、道路に残った状態で、横断歩道の信号が赤に変わってしまいました。

私はそれを見てすぐにバイクを止めて、駆け付けようとした所
バイクの女性とわざわざ車を止めてきた女性が、先に駆け付けて
数名で車イスを持ち上げて、無事、歩道に上がることが出来ました^ ^

ハートストレングスも、一人の人を、皆んなで支えていける
温かい団体にしていきたいと、強く思いました。


チラシ完成

こんにちは。

みなさんの協力の下やっと広告ができました。

紙がちょっと薄かったかなぁ・・。
という個人的な反省点はあるものの、
広告自体はばっちりでした。

これをみなさんに認知してもらうために
各所で配っていきたいなぁと思ってます。

ちょっとひと段落。

P5090020

明日は東京ウィメンズプラザにて
とある勉強会があるので、さっそく
そちらで配ってきます。

 

 


生命の言葉

生命の言葉というものがあります。

これは毎月東京都神社庁が毎月発行している格言集です。
私がいつも思い悩んでいたとき、
近くの神社によく行っていて、そこで
この生命の言葉を見つけ、数々心が救われたときがありました。

ここでは、その生命の言葉をいくつか紹介できたらと思っております。

まずは一個目を紹介させていただきます。

 

「わが気に入らぬことが わがためになるものなり」

鍋島直茂

「忠言耳に逆う」という言葉もある。自分の欠点を指摘されるのは、
聞き苦しいことではあるが、気を鎮めて聞けば、
自分のためになるものである。

 

色々辛いことがあり、その時悩みながら仕事帰りに
神社に駆け込んだときにこの言葉をみつけました。
他人は自分を映す鏡という言葉があるように、
その人が私にかけた言葉は私のためという事ではなくとも、
私自身何か意味があるが故にその時その言葉を
吐くことになったのかなと前向きに思うことができ、
気を落ち着かせることができました。

謙虚にその言葉をそのまま受け止めるべきなのか、
自分を守る為にその言葉を受け入れないことも必要なので、
どうしたらいいのか判断に迷うときもあるかと思いますが、
辛くなったとき、この言葉を思い出していただければ
何かプラスに考えられるきっかけになるのではと思ってます。

 

 


return top