私たちが出来ること

。ハートストレングスは、生きづらさを感じている方の「心の拠り所」を作ることを目的としております。私たちは、「心のゲートキーパー」を理念とし、イベント・分かち合いの会・カウンセリング、の3本柱で活動を行っています。

ゲートキーパー:地域・職場・学校などで、身近な人の自殺のサインに気づき、その人の感情を受け止め、必要に応じて専門相談機関につなぐ役割を持つ人や組織

年間の自殺者数が14年連続3万人を超えていた2011年から比較すると、徐々に自殺者の数は減ってきています。しかし、今でも毎日60人以上の方が自ら命を絶っていて、ネットでは毎日「死にたい」という書き込みがあふれています。また日本は15歳~35歳の自殺率は先進7か国の中でトップです。
「死にたい気持ちを抱えている人」は特殊な人々ではなく、私たちの身近に存在していますし、また明日、自分自身も死にたいという気持ちになるかもしれない、それが現代の日本なのです。

ハートストレンスグの位置

ハートストレンスグは通常の生活において生きづらさを感じている方を多くの仲間と心の拠り所、様々な信頼関係を気づきながら、「自分なんて価値がない」「働く意味がなくなった」「消えてしまいたい」などと思う人を少しでも減らすことを支援していきます。

^